Pocket

9月 9日、ハタヤ商会さん主催、大阪クラス
小幡有樹子先生の『石けん教室のための教室  8』受講してまいりました♪


午後は、サンプルレッスン、ハタヤ商会 AYA先生の「満ち欠けする月の石けん」を作らせていただきました。

ご用意してくださった「満ち欠けする月のコンフェ」、石けんを使うことで月の満ち欠けを手から詠む美しさはAYA先生の感性そのものです。
この「満ち欠けする月の石けん」をご用意してくださった主人が客人へどのような「月の満ち欠け行くもの」を語りかけようとしているのか。
わたくしは、コンフェの周りに流し込む生地で表現させていただきました。


わたくしは、満月のコンフェあたりには月光がかざすような明るめの色を、上限の月あたりには薄明かりがかかるように
注ぎ入れる生地そのものを月灯りの動きと躍動させてみました。

月の動きから雲にかかる月灯りが色々に移ろう。
石けんの泡をも移ろうかのような、素敵な石けん作りができて幸せです♪

AYA先生、ありがとうございました♪





なんと、持ち帰ったお月様が大接近♪
わたくしは極度の乱視でして、夜空の満月は二つに見えます。
いつも夜空を見上げて見る満月が、今ここに♪


いいことがありそう♪