京都きらら幼稚園の園児さんと粘土石鹸工作の時間

京都きらら幼稚園の園児さんと粘土石鹸工作の時間

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 8月3日、学校法人 雲母学園 京都きらら幼稚園さんの園児さんにこねこね粘土石鹸工作を伝えに行って来ました。ゆるやかな坂の上にある京都きらら幼稚園さんは、恵まれた自然に囲まれ、広い園庭と立派な園舎が建っています。自然に触れ合うことで、大切な幼児期をのびのびとたくましく育まれているのですね♪厳重な門を入るなり、元気な愛らしい声が聞こえてきます♡

♡可愛いっ♡

 園児の皆さんに粘土石鹸を楽しんで欲しい気持ちが高まります♪園長先生と副園長先生にご挨拶してから、いよいよ粘土石鹸工作スタート‼︎


 園児さんのキラキラ輝く瞳が眩し過ぎます♡♡

 なんて素晴らしき時間を与えて頂いたのだろう♡

 何と言っても感心したことは、粘土石鹸の作り方の説明をきちんと聞き、創り上げる力には驚かされました。
 『聴く姿勢』が『聴く力』を、創りたいという『意欲』が『創造力』を、最後まで自分で『やり遂げる力』、そして、お友達への気配りができるだなんて素晴らしい心育です。気配りというよりも『思いやり』ですね。正に、ご家族や先生方から愛情をふんだんに注がれ伸びやかに成長されていると感じさせられるばかりでした。

 園児さんの作品は最高のものばかりで、怪獣や人参、大根、ダイヤ、キャベツ、ハート、地球、お顔、星etc.♡二歳児さんは目玉焼き♡(急遽、西村先生のブローチを真似っこしちゃいました♬)
 みんなの作品で物語を作れそうなほど♡

 『もっと作りたい!』と、皆さんのお声に後ろ髪を引かれながら、、32名の園児さんとあっという間の楽しい時間を過ごさせて頂きました。お家の方と工作した粘土石鹸の話で弾んでくれてますように♪
 健やかな成長を願ってます♡ありがとうございました!!!

 最後に私事ですが、我が子もきらら学園っ子でした。1歳から就学するまで、親子共に大変お世話になったきらら。きららに足を向けて寝ることができないほど、ご恩ある先生方ばかりです^ ^久しぶりに近藤副園長先生、たかしま先生、小川先生にご挨拶させて頂けて本当に嬉しかったです ^^今回、スペシャルアシスタントの一人でもある我が娘(小学6年生)が母校でお役に立てたことも、本人にとって実りある時間となりました ^^そして、園児さんに香りの嗅ぎ方をレクチャーしてくれたAROMAの温もりさん、いつもありがとう♡

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

涼しき石けん

涼しき石けん

藍と白の色くらべの涼しき石けん。はじめてさんやお子様のメニューに追加します。

image

『お問い合わせ』について、お願いです

『お問い合わせ』について、お願いです

 お問い合わせを頂戴し、誠にありがとうございます。『お問い合わせ』について、数点お願いがございます。

 受信設定に制限をかけている方は、お手数ですが、
info@kyoto-surprise.comを受信許可の設定をお願い致します。3日経っても当方から連絡がない場合は受信設定をご確認の上、再度、コンタクトページからお問い合わせ下さい。

 そして、石けんのオーダーや販売につきましては全てお断りしております。オーダーや受注を承る側も依頼する側も法規に抵触し違法行為になる恐れがあるため、化粧品石鹸の販売の許可を得た者でしか販売をすることができませんのでご理解のほど宜しくお願い致します。化粧品業の許可を得たショップでのご購入をお勧め致します。
 または、お時間を要しますが、是非に作りにいらして下さい。
作る楽しみはもちろんの事、かけがえのない石けんを手にされ喜ばれることと思います。
何らかのご事情を抱えていらっしゃる方は、ご相談下さい。
 また、当教室で作成された石鹸の販売及び譲渡も上記同様にお断りしております。作成された石鹸は、ご自身やご家族でご使用下さい。

 材料のリクエストは可能な限りお引き受けさせて頂きますが、石けんに不向きであろう素材はご遠慮しております。

 どうぞ、ご了承下さい。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 シュルプリーズ 清水 章世

image

まるで花のような石けん

まるで花のような石けん

先日、石けん作りにいらした仕切りデザイン石けんの型出しをしました。アロマの香りと華やかなデザインは、まるで花束のようです。色の組み合わせは眼が迷子にならないよう色調させ、『しまった。。』とはならないようお伝えさせて頂きました。匙入れは、小知和マーブルをアレンジし、不規則に躍動させてしまいます。仕上げは佃先生の仕切りを使って石けんの側面に柄を織り込む。同じモールドに流し込みするのですが、ひとつひとつ表情が異なり、花を舞い上がらせるかのように。きっと、この石けんを手にされたお顔、、♡うふふ♡楽しみです♪

image

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Instagram

Instagram

Instagramはじめてます。良かったら、此方にも見に遊びに来て下さい♪  ▶︎ https://www.instagram.com/kyoto_surprise/

image