カメリヤ油の石けんを作ってみた。白×白

 

カメリヤ油をブレンド。

” Camellia “…どうしても、白色をイメージしてしまうので、、白色の濃淡を流し込んでみた☆

☆白色の素地×白の濃淡です☆

image

 

ちょっと、白色の強弱が見えにくい。

 

 

 

⬇︎こちらも、同時に作った石けん。

白色の層に羽根をあしらってみたのですが、カットすると ” Y “のようです☆

 

ピンク色の層には、二酸化チタンを油で溶いていた匙でグル〜ンと掻き混ぜてみた☆

☆白色の素地×白色と白色のコンフェッティ少々☆

 

image

 

 

 

 

椿油≠カメリヤ油。

でも、どちらともツバキ属。

っねぇ〜♪

 

随時、ご予約承っております。Blog掲載の石けんについてのご質問は、ホームページ内” contact “からご連絡下さいませ。

 

教室は京都駅中央改札口徒歩3分

シュルプリーズ

 

 

 

 

生アーモンドを圧搾してみたよ

小幡先生のBlogで知った圧搾機、自分で搾ったフレッシュオイルを愛娘に食べさせてあげたい思い、、ufu〜♡叶えました♪

 

本日は圧搾チャレンジ会

圧搾する相棒は、葉菜子さんと愛娘♡

そして、圧搾の親方はPITEBA⬇︎こちらね。

このPITEBAは、A4サイズ位のおチビです。

 

ご覧の通り、組み立てはセルフ。ネジを見るなり私の苦手意識が働くのを横目に、葉菜子さんは工具を手にちゃちゃいのちゃいと組み立て完了です。頼もしいっ。

 

さて、オーガニックハウス saluteさんでお求めした生アーモンド250g搾ってみる(嬉)

image

 

⬇︎

重〜いハンドルを回すと、オイルのしずくが♡PITEBAの先端からはアーモンドカスが搾られてる♡嬉しさのあまりに、重いハンドルは軽く感じてしまう♡

image

 

生アーモンド250gからオイル100gとアーモンドカス90g採れました♪

低温圧搾(コールドプレス)なのに、搾り出たオイルは、熱々で〜す。

image

 

そして、生アーモンドの次にクルミを圧搾開始。クルミの方が脂質含有量が高いので、クルミ110gからオイル80g程も採れました。

※種の含水率10%以下・脂質含有量25%以上じゃないと圧搾できない※

 

圧搾したオイルの濁りは、2〜3日ほど置くと澄むそうです。上澄みだけを移し替えれば出来上がり♪

 

 

 

 

圧搾したクルミオイルを使って娘の櫛のお手入れ、、何だかゆっくり流れる時間です。

 

image

贅沢なオイルに贅沢な時間でした。

アーモンドオイルはさほど香らないけど、手の平でアーモンドオイルを温めれば香り放ちましたよ♡人肌のマジックだ。これも、葉菜子さんから教えてもらったのん♪イイ香りにスハスハ〜♡

 

※写真の櫛は、清水(きよみず)さんの『十三や』のもの。手入れをすれば、40年以上愛用できるそうです。こちらの櫛は11年目でーす☆

追記・『きよみずさん』=清水寺

 

心友葉菜子さん、愛娘ちゃん、ありがとね♪

 

☆☆☆

圧搾機に必要な燃料は、メチルアルコール95%+無水エタノール5%です。取り扱いには、注意を払いました。圧搾される際は、くれぐれも取り扱いに注意して下さい。

 

☆☆☆

『私もやってみた〜い!』

こんなお声を頂いてますので、企画致しますね♪

 

 

 

 

 

京都駅中央改札口徒歩3分

手作り石けん教室 シュルプリーズ

清水 章世

 

 

 

 

岡崎ARO温ちゃんのとこまでぶらり

紙石けんを作りたい♡

じゃぁ、一緒に試作してみようではないか♡

今夏のミッション決定ってことで、心友のARO温ちゃんとこまで、朝一から新幹線に乗ってぶらり行ってきました♪

 

岡崎到着後、名古屋モーニング初体験♪

 

 

⬇︎ こんな素敵な店内への導きに心が弾みます☆〜‼︎

image

 

image

 

 

⬇︎店内に入ると、棚には焼きたてのパンでぎっしり〜☆どれもこれも美味しそう♪

image

 

 

 

 

 

ARO温ちゃんにゴチになりマシタ♡

至福♪満腹♪ごっちそうさま♡

 

さてさて♪

 

足を運んでみたくてたまらなかった、江戸時代創業『八丁味噌 カクキュー』へ案内してもらいました♪

大豆と食塩を使用し、蒸した大豆を味噌玉にする。それを豆麹にし、二夏二冬以上も水と食塩で仕込むそうです。植物性不飽和脂肪酸も多く含み、大豆蛋白質はアミノ酸に分解され消化も良い八丁味噌♪見学すると、八丁味噌汁を頂ける上に、八丁味噌のお土産も頂きました♡(嬉)♡

 

店内で食べた八丁味噌ソフトクリームのお味は、、キャラメル味なんです〜☆〜‼︎

味のマジックだ☆♡

 

image

 

 

image

 

 

さてさて☆☆‼︎

2人で実験開始。これ、本題。

ヒントだけをARO温ちゃんにお話ししたところ、、♪

 

image

 

 

image

image

 

 

 

じゃーん‼︎

ヒントを完成にしてくれたAROおーーん♪

 

image

 

 

image

 

 

 

 

 

乾燥すれば、出来上がり♡‼︎

 

いつか、メニューにしたい想いの賜物。

失敗は資料になり、試行錯誤は新たなる発展となりました♪

ARO温ちゃん、ありがとうね♪

 

そして♪

翌日は、我ら親子は名古屋港水族館へぶらり♪

館内アナウンスの『銀河系 地球乗組員の皆なさん〜』って♡やってくれるではないか♪

テンションが上がる我ら親子は、地球乗組員になりきるのでした♪

 

 

 

image

 

 

image

 

 

image

 

 

image

 

 

image

 

 

 

年内に岡崎・名古屋へ再びと願う(o^^o)♪

 

京都手作り石けん教室 シュルプリーズ

 

もっとハーブを知りたくて、もっと生活に取り入れたくて

シニアハーバルセラピストを受講前に、どうしても石橋先生の引き出しを覗き込みたくて、、通い始めたハーバルメディスン講師養成講座。

 

ハーブの成分それぞれの特徴を活かし、抽出方法や利用法を知り、生活に取り入れることはもちろんのこと、基剤の濃度やドイツの植物療法や実験データを資料を目にできるだなんて〜(嬉)!

 

 

⬇︎さて、直ぐに実習でした。

ティーツリーウォーターとティーツリーE.Oの揮発成分の含有量など違いを香りで学ぶ。臭覚で覚えると、資料と解説が面白いようにストンと落としこめるのですね☆

 

image

image

 

 

 

⬇︎

ちゃんと、石橋先生の了承を得て、レジュメ投稿しております。

 

image

 

 

クロモジウォーターでお手入れして寝ます(o^^o)

(実は私、水道水で洗顔すると肌が滲みる敏感肌です。市販コスメを使えば、顔の皮膚が赤く腫れ上がってしまったり、。手作りコスメでも、エタノールやグリセリンを足したものは使えません。)

 

 

でも♡

フラワーウォーターはトラブルもなく、むしろ、多種多用な作用も素直に肌がこたえてくれる♪

(個人差があるので、御参考までに)

 

たっぷり、クロモジウォーターを塗って寝よっと♪

 

 

 

 

 

エッセンシャルオイルで色付け石けん

随分前に作った石けんの写真を整理してます。たま〜に、過去の石けんを投稿させてもらいます。

こちらは、精油で色付けした石けん。

 

 

image


 

 

カモミール・ジャーマン

学名 Matricaria chamomilla

数滴だけ石けんに加えただけです。

 

image

 

image

 

 

 

image

 

image

 

 

随時、ご予約承っております。Blog掲載の石けんについてのご質問は、ホームページ内” contact “からご連絡下さいませ。

教室は京都駅中央改札口徒歩3分

シュルプリーズ