Candied Nuts〜止められない止まらない♡

Candied Nuts〜止められない止まらない♡

image

 

 

 

 

 

 

N.Y  LOHASコーディネーター(料理研究家・米国アロマセラピスト)桜本リエコ先生の簡単・美味しい “Candied Nuts”が美味しくてたまらなくて、何度も作ってます:b あれこれ調味料を揃えなくても美味しく失敗なく作れるのん♪ リエコ先生、天才♡食べ過ぎてしまいますので、レシピ倍量(いえっ、3倍でも後悔しないっ♡)をオススメしますo:)止められない止まらないョ♪

作り方はこちら▶︎ ♡♡♡ クリックしてね♡

今回はアレンジしてピーカンナッツ、クルミ、ひまわりの種、カボチャの種、リンシードのプチプチ感と大好きなカカオニブも加えて、シロップとオリーブオイルと香味豊かなダークラムをザックリ混ぜてからオーブン突入20分☆焼いている間にワンボールとスプーンだけ洗い物を済ませられる〜楽チ♡〜ン♪アレンジができるくらいに、失敗知らず。

 

さて、今年もリエコ先生が7〜8月頃に帰国予定です♡リエコ先生のファンの皆さま、クラスお知らせは6月頃にBlogでお知らせ致します☆お楽しみに☆

 

 

 

☆ 謹賀新2016年 ☆

☆ 謹賀新2016年 ☆

謹賀新年
謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 

オリーブを石けんに生けてみました。
今年も植物の “  美  ”“  優しさ ” に触れ、自然の贈り物を特別なカタチにします。植物に秘められた多種多様な “  美  ” “  優しさ  ”の感動の世界へお待ちしております。

 

年始は2016年 1月 7日よりお問い合わせの対応させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

シュルプリーズ 清水 章世
 
image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お屠蘇にレモンとはちみつと

お屠蘇にレモンとはちみつと

image

早いもので、2015年も残るわずかとなりました。

さて、今年最後の投稿は『屠蘇延命散』で締めくくらせて頂きます☆

かつて、官中では元旦に『屠蘇』、2日目に『百散』、3日目に『度嶂散』を献じていましたが、江戸末期には庶民へ『屠蘇延命散』だけが広く伝わったそうです。屠蘇延命散とは、白朮、蜀椒、防風、桂皮、陳皮、丁子、紅花、甘草などの生薬を浸薬酒にし、一年の厄を除き家内健康を願い元旦に家族で頂きます。時代により生薬の配合も違いがありますが、飲用はもちろんのこと、芳香性薬理・心理作用として伝統的に用いられてきました☆

そこで☆浸薬酒にせず、お手軽な清水の屠蘇延命散の飲み方はというと、生薬を熱湯で五分ほど煮出してから、『レモン果汁とハチミツ』を加えます♪レモン果汁を絞るだけでも、オススメです。または、『焙じ茶』とブレンドします♪お口の中で、焙じ茶の風味が屠蘇延命散を包み込み、鼻から抜ける生薬の香りはたまりません。浸薬酒にしなくても、十分に楽しめます。是非に、迎える新年に『屠蘇延命散』の摂り入れ方のアレンジもお楽しみ下さいませ。

文末になりましたが、今年もご縁ある多くの方に支えられ、指導して頂き、感謝の想いで溢れる年となりました。深く感謝申し上げます。ありがとうございました。新年も学びを深め、皆さまにお伝えできるよう努めてまいる所存でおります。どうぞ、宜しくお願い致します。

シュルプリーズ清水 章世