CARA-CARO石橋志保先生の”色味香りのフィトケミカル講座”ご案内

CARA-CARO石橋志保先生の”色味香りのフィトケミカル講座”ご案内


image

石橋志保先生の

∬ 色味香りのフィトケミカル講座   ∬

ご案内



植物の薬理作用のもとでもあり、味、色素、香りのもとでもあるフィトケミカル(植物化学)。化学は苦手!という方でも、植物が大好きなら、その美しく多彩な色味香りを楽しく感じながら学べます。
草や花の色の秘密、味の秘密、香りの成分は単体で学びます。


▱ 1回目 植物がフィトケミカルをつくるまで 化学の基礎用語とグループ分類 糖質、脂質


▱2回目 タンパク質とペプチド テルペノイドグループ 芳香族化合物 


▱3回目 アルカロイド 風味と味のヒミツ その他の化合物と芳香成分(官能基) 香りのヒミツ

教材:植物色素見本、植物芳香成分見本 化学式カード

 

 

色味香りのフィトケミカル講座は以下必須科目となります

●ハーブティーマイスター講師養成講座

●ハーバルメディスン講師養成講座

●エッセンシャルオイルマイスター講師養成講座

※上記講座を受講される方の必修科目となり、検定レベルのハーブ、精油の知識が必要です。はじめての方はCARA-CAROベーシッククラス、1DAYセミナーをご受講下さい。

 

image

 

▱ 1回目 12月21日(月) 

▱ 2回目  1月 25日(月)

▱ 3回目  2月   1日(月)

※10時~15時(1時間休憩) 全12時間

※受講料 25920円(税込み テキスト・教材費込み)

※場所 シュルプリーズ(京都駅中央改札口徒歩3分・受付完了時に場所詳細をお知らせ致します)

※お申し込み・お問い合わせ・ご質問・補講などのご希望は” CARA-CARO “webまでご連絡下さい

※お申込は 下記フォーム   event@caracaro.com 

子ども粘土石鹸クラス

子ども粘土石鹸クラス

image

 

image

 

 

image

 

 

 

image

 

 

 

image

 

 

 

image

 

image

 

 

 

image

 

 

 

 image

 

 

 

粘土細工を扱うように石鹸素地を捏ね、安全性の高い食品着色料製剤だけで色付けし、創作します。乾燥後はオブジェとして飾ることも♪

子ども、親子の粘土石鹸の出張ワークショップ・イベントなどご要望はホームページ内のコンタクトからお問い合わせください。

件名は『粘土石鹸』で☆

 

 

京都駅から徒歩3分

京都手作り石けん教室

シュルプリーズ

 

 

 

デザイン石けん2バッチ

デザイン石けん2バッチ

京都・長岡京市からデザイン石けんを作りに来られたソーパーYOKOさま♪

 

香りや癒しの時間が大好きなYOKOさまへ

FacebookでYOKOさまの石けんをご紹介させて頂きました☆お友達から以下のコメントです♡

『美しい〜♡』

『何てエレガント♡』

うんうん♡

ねっ♡

 

 

 

image

image

1バッチ目は大好きな紫色を主に、差し色は黄緑色を主に流し込み♡

image

image

2バッチ目は水色を主にグラデーションです♡

ぼかし感〜美しい☆

手作り石けんから遠退いていらっしゃっただなんて感じないほど手際よく素地を扱われてました。 (さらに…)

ペットボトルメイキングの様子

ペットボトルメイキングの様子

マイスタースクールStage2-1ペットボトルメイキングで紫根インューズドオイルを選択されたHARUMIさま♪

 

 

御実家は豊かな自然に恵まれた環境でいらっしゃることもあり、『その身近な植物を活かした石けんを作れるようになりたい』と、マイスタースクールに通われてます☆

 

HARUMIさまの大好きな紫色の紫根インューズドオイルとフランキンセンスチンキの石けん作りは一段と楽しそうです♪

 

 

 

image

 

 

image

 

image

『こんなのを作りたい♪』

この心弾むお気持ちに提案をかけまくり、いざっ☆匙入れ☆

 

喜♪

惚♡♪

 

抗炎症・抗菌・創傷治癒促進作用を期待できるペットボトルメイキング紫根石けんでした☆

次回も草花談義に花を咲かせるのを楽しみにお待ちしておりますね^_^

 

 

ハンドメイド石けんマイスターは、手作り石けんの基本的な知識、製法を身につけ他の人 に指導できるスキルを身につけている事を認定された資格者です。
特に苛性ソーダ等の危険な材料の正しい取扱いと、薬事法等の法令遵守を自ら実践し指導することが求められます。

詳細はホームページ内【スクール】をご覧下さい。

初心者の方も大歓迎です。ご質問はコンタクトからお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

ぷらっと、京の台所『 錦市場 』へ

ぷらっと、京の台所『 錦市場 』へ

 

image

ぷらっと、京の台所 『 錦市場 』へ行ってみたけど、ごった返す人混みを掻き分けて〜いつものお店に向かって一目散。

 

image

 

錦市場の真ん中ら辺の北側にある丸常さん。

物心が付いた頃から覚えた味だけに、やっぱり丸常さんの練製品の香りはほっこりする。

 

image

image

毎度、玉ねぎ天は外せない ♪

錦市場を歩いていると、どじょうを発見です☆私の田舎の田んぼの小さな川にはどじょうがうじょうじょいたので、懐かしくて見入ってしまいました ♪ (今では、田舎のどじょうも糸トンボも生息しなくなってしまった)

image

image

どじょうを扱っていたのは、⬆︎鰻屋さん♪

 

image

image

黄金に輝く三木さんの出汁巻きは『京巻き』です。京巻きとは、手前から奥に巻いて焼くこと。熟練した職人技☆

 

買い物客を掻き分け、どんどん歩いて行くことに☆

 

image

image

image

image

image

 

 

今日の目的地『 有次 』さんに到着〜♪

image

image

image

有次さんの型抜きを見たかったの♡

1センチくらいの千鳥・イチョウ・楓・花びら・魚・瓢箪・星・ハート等〜型抜きが沢山♪

image

手に取ると重量感を感じるのは職人さんの熟練度でしょうね☆

 

お値段もしっかりしています☆

image

♪買おうか悩みながら、、また今日も見るだけでした^_^☆

 

 

京都発、錦市場ぷらっと日記(終)♪

 

 

ふふふ♪オリーブ初搾り♡アカネ染め♡

ふふふ♪オリーブ初搾り♡アカネ染め♡

 

 

image

 

オリーブ収穫時期になりました☆

 

輝くオリーブ、、♡知人が丁寧に一粒ずつ収穫したオリーブを圧搾する貴重な時間となりました☆

今秋、初収穫、初搾り♡

 

新物の搾りたてオリーブオイルをイタリアでは、『ノヴェッロ・オイル』と言います。

 

イタリア語の『ノッヴェロ』はフランス語だと『ヌーボー』と言い、日本語『新物』ですので、ノッヴェロ・オイルが市場に出回ることお祭り騒ぎです。ヴォージョレ・ヌーボーみたいにね^ – ^

 

さて、緑の宝石をツクツク先生とecru1先生と葉菜子さんとでPITEBAで圧搾開始です☆

ノッヴェロ ♪

ノッヴェロ 〜♪

 

 

 

 

image

 

 

卓上手動圧搾機のPITEBAでオリーブオイルを搾るにはD2ナットのパーツが必要なので

この日のために準備バッチリ☆

 

生アーモンド圧搾と同様に、今回もハンドルを回す力はかなり必要でした(大汗)簡単じゃないから、ますます一滴一滴に愛おしく感じるもので♡

 

 

 

私たちが搾った♡

ちょっぴりのオリーブオイル・・・♡

上澄みにノッヴェロ・オイルが・・♡

 

image

 

ほんのちょっぴりのフレッシュなオリーブオイルに心が高まるのと同時進行でécru先生からアカネ染めを教えてもらってるのだ☆

 

image

 

image

 

image

 

 

image

 

エキュン(écru)染めに

私たち、即キュン死♡

イチコロなり♡ぽてん♡

マイハート♪フル〜〜〜ぅ〜充電なり♡

 

 

うちの娘は染め上がったショールをパリジェンヌ巻きしたり、赤ずきんちゃん巻きしたり〜♡

 

 

” écru先生執筆中 せっけんノート “をご覧下さい♡ドングリや落ち葉で染めをされてて♪

どうぞ、魅入って来て下さい♡

 

オリーブ圧搾に染めものと、貴重な時間でした☆ありがとうございました☆

 

また、圧搾用のエネルギーが溜まったら、次はスペイン産のアーモンドを搾ることにしま-す♡

 

 

 

 

 

初めてさん石けんクラスの様子

初めてさん石けんクラスの様子

 

 

色鮮やかなチップスターの空箱をご覧ください♪

御参加くださったのKao様から、石けん型として使うチップスターの空箱を提供して頂きました(嬉)


Kao様の気持ちが嬉しくって嬉しくて♡

この日までに、集めて下さってただなんて♪


嬉しさあまりにパシャッ

 

使うのが勿体無いです♡

 

image

 

 

さて。

笑い声が響きわたりますが、やはり、型入れ時からは集中力が増し、静か〜です☆

 

⬇︎

こちら、リンリンさんは、ローズクレイと二酸化チタン等でレイヤーを施してからハンガースワールのデザインを♪華やかで上品な配色です☆

 

image

 

 

⬇︎

こちら、Nami様は3色使いのマーブルを♪

色の配色や扱い方が手慣れていらっしゃいます☆いちごチョコみたいです☆美味しそう〜☆

image

 

 

⬇︎

Kao様は、レッドパーム油をメインに竹炭を使ってデザインを♪手作り石けんが2度目なので、手慣れていらっしゃいます☆

 

 

image

 

 

 

 

⬇︎

CHIKA様は、コンフェ石けんを♪

淡い色調の素地に、淡い色調のコンフェをふんだんに加えられました☆石けんに妖精が入っているみたいです☆

image

 

 

 

⬇︎

そして☆!

ご覧ください☆‼︎

Na様が新聞紙で、こーーんなに素敵にラッピングされているのっ☆

これまで、普通に包んでいた私、、驚かされました☆

 

 

image

 

 

image

 

 

開封するのが勿体無いですね(キュン♡)

 

 

皆さまと手作り石けんを通してお逢いできたことに、感謝♡

 

ありがとうございました☆

 

 

リンリン様作∬

image

 

Kao様作∬

image

 

Nami様作∬

image

 

CHIKA様作∬

image

 

 

 

頂いた蜜蝋のかたまりを使って

頂いた蜜蝋のかたまりを使って

 

握り拳ほどの大きさもある蜜蝋。

 

image

 

 

クレヨンに変身させてみたよ。

 

Red〜パプリカパウダー

Black〜竹炭パウダー

Yellow〜ターメリックパウダー

Green〜イグサパウダー

 

 

image

 

 

うーん、またまだ、だなぁ。

 

 

石けん教室のための教室in大阪へ

石けん教室のための教室in大阪へ

もっと、良い教室にしたい‼︎

もっと、伝えられるようになりたい‼︎

 

何が何でも、最大級に尊敬する小幡先生の『石けん教室のための教室』で学びたくて、行ってまいりました(力こぶ☆)

 

主催されるAYA先生のことも最大級に尊敬してるのっ☆

 

最強コンビでしょう☆∞♡

 

 

image

 

 

参加者の素晴らしい先生方の豊かな経験を踏まえたディスカッション、小幡先生との質疑応答などは、活きた勉強です☆

 

様々なケースを知りたくても、なかなか機会がない現状。『石けん教室のための教室』での時間は、肥やし合えるのです☆

 

参加者さんは、とても素敵な方々。

 

 

さらに、肥やします(力こぶ☆)

 

宿題ひとつ出来ました(o^^o)

訂正確認後、提出だ☆

 

image

 

 

 

 

石鹸をファインダーの世界へ

 

同じ被写体を撮っても、各々異なる『 写真 』同じように撮れない写真、

 

平田尚加カメラマンとYonishi監督に石けんを撮って頂くことになりました♪

研ぎ澄まれた瞳から、いったい、どのように石けんを写真に撮ってくれるのでしょう。

『伝えたい』ことを明確に、そして『想い』を私自身再確認することで、感じ取ってもらえたのかも知れません。

驚かされたのは、『海』をテーマにした石けんを『地球』にしてしまったの。

 

『えっ?海を地球に?』って思うでしょう(笑)

海石けんを地球石けんに撮ったってこと。

 

『伝えたいこと』を、平田カメラマンは『新たな見方』として魅せてくれました。

『新しい世界の見方』です。 創造的とも言える。

 

 

今月末には、『海』が『地球』になった写真をご覧頂けるはず。オタノシミに☆

 

image

 

⬆︎

平田カメラマンを撮る私。美しいので、パシャリ。笑いも絶えず、ド真剣対話も絶えず、でした(ニコリ)

 

image

⬆︎

Yonishi監督が撮った写真です。先日、シネマジャンクション編集賞受賞される才能をお持ちです。しかも、処女作。受賞された映像は、コマの編集の凄さや『黒』の色調の表現など、、お見事☆!☆おめでとうございまーす‼︎

⬇︎

image

 

ファインダーの世界☆

平田カメラマン、Yonishi監督

ありがとうございました☆

 

京都駅中央改札口徒歩3分

シュルプリーズ