12/7 富士山石けん作り(スター講習会・技術)

12/7 富士山石けん作り(スター講習会・技術)

 

2015年度後半 ツクツク主催スター講習会

『 富士山石けんでお正月の準備 』

 

12月 7日 (月)
時間 10時半~12時半

☆カテゴリ  『 技術 』

開催都市 京都駅すぐ (手作り石けん教室surprise(シュルプリーズ))

 


概要
お屠蘇の漢方をインフューズドしたオイルをブレンドし、富士山を1テクニックでデザインします。

裏には富士山に雲をかけたデザイン遊びです。2名1組=共同250gバッチの富士山石けん作りをしていただき、後日、郵送となります。

ご参加の方には、お屠蘇作りの材料をお渡ししますので、お正月準備しませんか?

 

image

image

 

 

富士山石けんの写真は、上の2つが「表」、下の3つが「裏」のデザインです。

 

同時に、アレンジ仕切りを使った水玉模様石けんを2名1組=250gバッチ、一名様2個分を作ります。アレンジ仕切りとデザイン遊びです☆

 

HSA会員の方、当教室マイスタースクール受講生、マイスタースクールを検討されている方も、主催であるシニアマイスターのツクツク先生と交流をはかれる機会となりますのでご参加下さいね☆

 

料金: 5,000円
講師の紹介 講師: 清水章世
手作り石けん教室surprise(シュルプリーズ)主催
会場の詳細 京都駅より徒歩5分

《スター講習会contactはコチラをクリック》

 

 

 

 

 

 

リベンジ☆

リベンジ☆

華やかに躍動するデザイン石けんを作られたのはYOKO様。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

デザインや色も香りも、ダイナミックなのに独特な繊細さなの☆!

 

何はともあれ無事に発色し、ほっと胸を撫で下ろしました。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回、使った輸入リキッドの発色が見事にくすんでしまったので、今回は私からリベンジをお願いしてお越しくださったの。

 

そう☆

今回は、以前、色の調合していた時に、小幡先生から名付けてもらった『あきちゃんカラー』を使用して成功〜☆

 

YOKO様、大切なお時間とお心をありがとうございました。大切にお預かりしておきますね☆

 

 

 

 

 

 

 

Mulling Spice 他

Mulling Spice 他

image

『Listen to yourself ! Listen to your Body!』この言葉を掲げているNYの桜本リエコ先生の精油やハーブやスパイスやお料理の話が面白くて、今日はお裾分け話をさせて頂くことにします☆

 

この時期、アメリカでは” Mulling Spice “が出回るそうです。オレンジピール、クローブ、シナモン、アニスなどをブレンドし、アップルジュースやワインや紅茶で煮出すそうなの♪

 

そこで、です☆

 

『ほうじ茶にマリングスパイスを煮出すと美味しいよ〜♡』って♡リエコ先生のリズミカルなお声を受け取ったので♡

 

ならば〜☆

 

 

ほうじ茶、ジャーマンカモミール、シナモン、オレンジピールを煮出してみた。(娘も飲みやすいように、クローブはミックスしませんでした☆)

 

ほうじ茶がスパイスの香りと味をまとめあげて、ほのか〜なオレンジの風味が口の中に広がり、シナモンが後味にきりりと残る☆

 

 

もっぱら、緑茶とジャーマンカモミールのブレンドが定番だった我が家ですが、これから迎える冬、、マリングスパイスを取り入れて楽しむことにします。

 

マリングスパイス、冷え症に持ってこいですよ☆

 

 

image

 

そして、引き続き心身へ食するネタ⬇︎

ヒルデガルトの文献を探していたら、目にとまった『聖女ヒルデガルトと喜びのレシピ』☆

たまたま見つけた本。たまたま見つけた本の話を、たまたまCARA-CAROの石橋先生に話したら、『ヒルデガルト‼︎』歓喜される。こうなったら、止まらない〜止められない〜盛り上がりました♪来年あたりに、石橋先生のヒルデガルトを愛でる会に期待します♪

 

さて☆このレシピ本♪

時は1100年頃、タイムスリップしてドイツの女子修道院長ヒルデガルトと出逢えるかのような本。スペルト小麦を材料にしたレシピやハーブを扱ったレシピは、豊かで贅沢さも感じます。簡単な上に応用も利きそうだ♪

 

 

image

 

⬆︎

Amazonで購入できま-す♪

 

 

 

 

 

 

どうだろ?作っちゃおっと。

どうだろ?作っちゃおっと。

image

image

image

BRAMBLE BERRYさんのマイカと非売品の二酸化チタンと赤リキッドを使って、平面な石けんに深さを出せないかとチャレンジしてみた☆グラデーションで深さを表現できるっかな〜。250gバッチをツクツクショップの浅型モールドへ流し込むことに☆

キラキラ、、少量だから沈んじゃうかな〜。

 

素地の色グループ分け

●白グループ3色(素地・二酸化チタン素地・ゴールドマイカ素地)

●ピンクグループ2色(バイオレットマイカ素地・バイオレットマイカ➕赤リキッド素地)

 

それでもって、作ろうと忘れていた石けんがコチラ⬇︎

作っていた透明石けんを溶かし、色材を混ぜて固める。結晶型で抜き取った石けんをモールド内にペタペタ貼り付けちゃう☆そして、CPを流し込んでみた☆

綺麗に型出しができるかな〜。

⬇︎

この透明石けんの一部を削り再利用です☆

image

image

 

型出しは明後日くらいに☆

続く☆

ココから続き☆

細か〜いキラキラを撮影したいけど、カメラの腕がないので、撮れません(涙)

image

キラキライメージはMariah Carey – O Holy Nightの歌声かな☆

 

 

 

 

 

 

娘とバスボム作り

娘とバスボム作り

image

入浴時間が長くなってきました♪

 

娘とバスボムを作ったので、今晩のバスタイムはシュワシュワと愉しむことに♪

 

 

 

 

11月のメニュー追加予告

11月のメニュー追加予告

image

☆リキッドの素2種とプルルンソープのセットメニュー

 

 

image

☆ときどきお変わりメニュー

こちらは、はじめてさんでもお申し込みを承らせて頂いております☆

子どもアトリエ 京都上京児童美術研究所さんでハロウィン粘土石けんイベント

子どもアトリエ 京都上京児童美術研究所さんでハロウィン粘土石けんイベント


image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

創立60年も伝統のある子どもアトリエ京都上京児童美術研究所さんにて、ハロウィンイベント子ども粘土石けん講座を担当させて頂きました♪

無限なる創造力に関わらせて頂けるだなんて、光栄でたまりません☆

image

粘土石けんは、小さなお子様からご年配まで誰でも石けん作りを楽しんで頂けます。安全性の高い食品着色製剤と食品香料製剤を素材でお伝えしています。

食品着色製剤でも、GABANは単色だと発色は鮮やかですが色混ぜして石鹸の素に加えると”和”っぽくなってしまうのです。ですので、発色に響かないWiltonの色はパレットのように創り上げられるのでこちらを使用してます^ – ^

そう、、まだ日本未入荷であろう⬇︎アメリカの友人から送ってもらったWilton点眼タイプ商品。アメリカではWiltonが『食品』なので税金もかからないし安い♡お子様でも扱いやすいだろうと予測していたけれど、、、こちらは大人じゃないと取り扱いにくい、、。プルルン石けんに活用することにします☆

image

⬇︎食品香料製剤も、製菓コーナーで簡単に購入できるものです^ – ^写真は参考までに♪

今回は食品着色料製剤とF.Oから好きな香りを選んでもらって〜^ – ^

image

image

さて☆ここから本題☆‼︎

みんなの創造するエネルギーは素晴らしくて☆∞!発想の視点から伸びる世界はみんなそれぞれの” Only One ” 

一部ですが、作品のご紹介〜☆

・”Blue”で濃淡をつくり、ゾウさんとウンチ♪

  『これ、何に見えますかっ?』って、聞かれどう見ても可愛い四角のウンチ色なの、、だけど、ウンチでなかったら、、答えに鈍ってしまった私。

  『これはゾウのウンチです♪』って、元気よく答えてくれたチビのび太クンの粘土石けんウンチも見事でした☆

・”Pink”でクマさんに♪

・4色のクローバー♪

・怪獣♪

・お母さんが大好きなフクロウを♪

・マーブルキャンディ♪

・星ステッキ♪

etc.∞♡!

っもう、みんなの伸びる創造力に弾けるばかりです☆この力は、ご家族から愛情を注がれているからこそ豊かに育むのでしょうね♪

image

image

image

image

image

ご参加くださった26名のお子様、ご父兄の皆さま、子どもアトリエ上京児童美術研究所 江藤代表・山本代表、有志あるサポートして下さったAYUちゃんやヨッちゃんの皆様、ARO温ちゃん、ありがとうございました。

楽しい想い出になりますように♡

オリーブ圧搾の続き〜☆

オリーブ圧搾の続き〜☆

先日のオリーブ圧搾カスも愛おしくて、肥料と石けんに使うことに☆

そして、ほんの少量だけ写真の上澄みオリーブオイルと下はオリーブ果汁を石けんに加えてみた☆

image

撹拌すると、オリーブの種の赤茶色に。

image

急にトレースが速まったので、型入れしてしまう☆

image

保温中、経過が気になり保温箱を覗いてみたの。全体はベージュ色。中央の赤茶色ヶ所に触れてみると高温でジェル化になっている。再び保温箱を閉じる。

image

数分後、やっぱり気になって、、再び保温箱を覗いてみた。うわっ。ジェル化進行してる。

image

image

ここで、今まで疑問だった『ジェル化の温度』を計ってみることにした。温度計を刺す位置が真ん中だけに躊躇ってしまう(涙)温度計の穴ができる(涙)

いざっ、温度計ブスッ☆

温度計目盛は45度。もっと高温に感じるほど熱いのにな。

 

オリーブの果実と種のカス入りマルセイユ石けんはコチラ⬇︎乾燥中です☆

 

 

image

オリーブたっ〜ぷり た〜っぷり〜ギュ〜ッ。

 

オリーブを余すことなく作った石けんは、ただものではなさそうです♡

 

 

 

image

image

ゆったりとオリーブの塩漬けと石けんの熟成の時間が流れてる♪

 

プロフィール取材は大森あゆみさんに♪

プロフィール取材は大森あゆみさんに♪

 

image

 

大森あゆみさんにプロフィール作成を依頼させて頂きました♪

兼ねてから、FacebookやBlogを通して彼女のお人柄に触れさせてもらっていた私☆

『この人、なんだっ??♪』

ただ、素直に感じるがままに『いつの日か、大森さんに会ってみたい‼︎〜∞』って、思わせてくれるお人なのね☆

でね、大森さんのBlogを読んでいたら、『あなたに会いたくなる!共感されるプロフィール作成サービス』の投稿に目が留まったの☆!

私のプロフィールを大森さんに手掛けて欲しいっ‼︎大森さんしかいないっ‼︎この揺るぎない想いは、『大森あゆみさん』だからこそ‼︎

ずっっと、プロフィールに手を付けなきゃと思いながら、、ずっと、、後回しにしていたのは、文章と向き合うことも勿論なんだけど、、容易く書けないものです^^;

今回、2時間のインタビューは楽しくって弾みまくり、何時間もお話しをさせて頂いたの。大森さんの問いかけは、私自身の気付きとなりました。

深く広い意味のコンサルタントさんなのでしょうね♪

ufu〜♡

ありがとうございました♪

大森さんのドアにノックしてみて・ネ♪

さて♪

取材のまとめを楽しみに待つ私でした♪